転職や家庭教師バイトなど、仕事を探すときに知っておきたいこと

相談できる窓口がある

転職エージェントに相談する方法もある

社会人の人の中には、転職を考えている人もいるかもしれないです。転職をする理由は、仕事や環境を変えたい、キャリアアップ(構築)したい、年収アップしたい、中にはヘッドハンティングされたなど人それぞれだと思います。転職をすることで得るものもありますが、失うものもあると思います。特に若い人は、単に今の職場に不満(人間関係がうまくいかないなど)があるだけで、目的を明確にしないまま転職をする人もいるかもしれないです。最近は、転職エージェントに相談する人もいます。メリットは、プロに直接相談することで、自分の志向に職務内容が合っているかなどが分かります。また、求人の数や難易度を教えてもらうことができたり、選考企業の面接対策をしてもらうことができます。

自分の目的をはっきりとさせる

転職エージェントを利用するには、相談の登録をしてキャリアコンサルタント・アドバイザーの人と面談をします。面談の時に自分の経験や志向を伝えることで、志向に合った求人案件を紹介してもらうことができます。ちなみに、面接の日程調整や内定に関わる事務手続きもエージェントを介してやりとりします。転職を考えている人は増えてきていますが、迷っている人もいると思います。明確な目的意識もなくただ風に身を任せるだけでは、キャリアアップするのは難しいです。なので、転職をする目的をはっきりとさせるために、もちろんエージェントに相談するのも良いですが、勉強会などへ参加したり、自分磨きをしたりしてスキルを高めるのも良いと思います。

行動を起こす

行動を起こすことをためらっていては、幸運の機会を逃すことになってしまいます。フットワークを軽くし、上手に転職活動をすることが大事であるといえます。今はインターネットも活用できます。

自分で募集する

自分で求人を募集することもできます。それが逆求人というものです。このシステムを使って求職活動を行うときは、情報開示の仕方を自分でしっかりと決めることが大事です。この時、履歴書も書くコツがあります。

住む場所を確保

住む場所を確保することで生活の基盤をしっかりさせることができ、気兼ねなく思い切り働くことができます。このため、求職をする人の中には寮付きの求人を条件に入れて探す人も多いです。

やりがいのある仕事

学生や求職中の場合、日銭を稼ぐためにアルバイトを行うことが多いです。このとき、自分のスキルを活かして家庭教師をするという選択肢もあります。やりがいのある仕事でもあります。